修繕費用は110億円超… 金食い虫「タワマン」のスラム化懸念、その対策例

社会週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「タワマン」住民が悲鳴を上げた「修繕費が足りない!」(下)

 全国に1300棟超が建てられているというタワーマンション(以下、タワマン)に、修繕費の問題が浮上している。そのコスパの高さゆえ、ディベロッパーが乱立させたものの、

「大規模修繕については業界全体の経験値が低く、いくらかかるのか予測が立てられていません。初期のタワマンが一斉に1回目、2回目の大規模修繕を迎えますから、これから大きな混乱があると思います」(建物診断設計事業協同組合の山口実理事長)。

 修繕引当金を徴収しているマンションも多いが、そもそもの見積もりが甘い場合が少なくない。...

記事全文を読む