「新生児取り違え」で慟哭の母親を面会謝絶にする「順天堂大学」非情のメス

社会週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 たった一人、血のつながらない家族の中に置かれてきた子供(51)と、それを育ててきた母親(76)。腹を痛めた子供に「一目会いたい」と母親は痛切に訴えるが、新生児を取り違えた順天堂大学医学部附属順天堂医院は、ダンマリを決め込んだまま。この病院の“メス”は冷酷にすぎる。...

記事全文を読む