600件の連絡先を失って3カ月 ときどき来る“恐怖の電話” (中川淳一郎)

社会週刊新潮 2018年4月19日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 携帯電話(ガラケー)を昨年12月29日にカンボジアで失くして帰国後の1月6日に新しいガラケーを買いました。端末の調子が悪くなって買い替える場合はデータを全部移行してもらえるのですが、私の場合、物理的に失くしてしまった&「クラウド」とやらでデータがネットに保管されているわけではないので、すべてのデータを失ってしまいました。...

記事全文を読む