大谷翔平、米記者が挙げる“不満点”は… 〈野球界最大のミステリー〉〈夜は眠ることしか興味ない〉

野球 週刊新潮 2018年4月19日号掲載

  • ブックマーク

米記者たちが語るモンスター「大谷翔平」(下)

“ジャパニーズ・モンスター”大谷翔平(23)の活躍ぶりに、アメリカの記者たちからの称賛が相次ぐ。例えば、ひと月足らず前に〈欠陥がある〉と大谷のスイングを評したメジャーリーグ・コラムニストのジェフ・パッサンは、大谷が結果を出すと“降伏”。〈アイム、ソーリー〉〈僕が全面的に間違っていた〉と「Yahoo News」に書いているのだ。(※記事内データは「週刊新潮」4月19日号掲載時のもの)

 ***

 それ以外でも、ネットニュースの「Sporting News」は、4月8日の記事で、

〈我々も思い切って宣言しようではないか、大谷翔平は本物だ、と〉

 なる見出しまで掲げて呼びかけている。ここまで手放しでは当の大谷だってむず痒くてたまらないだろう。

「彼を初めて見た時、細くて、背が高くて、まるでゴルファーみたいだな、と感じました」

 と述べるのは、「アメリカン・アーバン・ラジオ・ネットワークス」でスポーツ番組などのプロデューサーを務める、ロン・ジェラード氏である。

「野球選手にしては痩せすぎだな、と思いましたけど、そうしたらこの成績でしょう。目を丸くしました。また、彼がNYヤンキースやLAドジャースなどの人気球団を選ばずに、エンゼルスを選んだところにインテリジェンスを感じます。雑音が入らず、過剰なプレッシャーに悩まされることもなく、野球に打ち込める環境を選択したんです」

 氏が続ける。

「それに、ルックスも非常に良い。スタイルは映画スターみたいだし、顔は子犬のような可愛らしさも持ち合わせている。人気が出るんじゃないかな。日本ではまだ二刀流をあれこれ言うOBがいるんですか? こういう若者にこそどんどんチャンスを与えるべきでしょう。昔の選手のくだらない言葉には耳を貸さずに邁進してほしいです」

次ページ:“残念”な点

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]