韓国のミスリードによって、北朝鮮「非核化」の“誤解”が生まれた 李相哲氏が解説

国際新潮45 2018年5月号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 3月8日、トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩との首脳会談に応じることを明かした。実現すれば、史上初の米朝首脳会談となる、日本にも大きな影響を与えることになるだろう。
 朝鮮半島の非核化が争点の1つとなる米朝会談。それに先立ち行われた日米首脳会談で、トランプ大統領は、拉致問題についても米朝会談で取り上げることを明言した。
 一方、金正恩は3月末に電撃的に中国を訪れ、習近平と首脳会談を行った。また、4月27日には文在寅韓国大統領との会談も控えている。

 北朝鮮の外交活動が活発さを増している中、龍谷大学教授の李相哲氏は、「新潮45」2018年5月号で、「北朝鮮が核を放棄するというような誤解が生まれているが、それは韓国のミスリードによるものだ」と解説する。...

記事全文を読む