スターリンは、4000万人のソ連国民を殺した

国際Foresight 2018年4月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1937年から、ヨシフ・スターリンによる大粛清が荒れ狂った。

 反対派は「見せしめ裁判」と呼ばれる公開裁判(「モスクワ裁判」)において、「反革命活動」を「自供」させられたうえで、処刑された。ニコライ・ブハーリン、グリゴリー・ジノヴィエフ、レフ・カーメネフなど、かつてレフ・トロツキーと敵対した中央委員会の多数派もその中に含まれていた。

 1937年から1938年までに、134万人以上が即決裁判で有罪にされ、68万人以上が死刑判決を受けた。そして、63万人以上が強制収容所に送られた。...

記事全文を読む