「わが子を他人に預ける」ことに罪悪感? 悩みがちな母親に「ぐりとぐら」の中川先生がアドバイス

ライフ2018年4月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

わが子に泣きながら「ごめんなさい」

 この春もまた、数多くの待機児童が出た。読売新聞の調べでは、申請した子どものうち川崎市で35%、さいたま市で30%が入園を認められなかった。待機児童の多い78自治体で4人に1人が保育園に入れなかったことになるという(一次選考の結果、3/22付)。

 一方で、厳しい保活戦線を勝ち抜いた母親たちもいる。
 まもなく慣らし保育のスタート、園から配られた「通園のための持ち物リスト」を見ながら、ひとつひとつ新生活の準備を進めているだろう。
 お昼寝用シーツにタオル、着替え、通園バッグ……。...

記事全文を読む