濡れ手で粟の「カルプレス」被告 破産したはずなのに1400億円

社会週刊新潮 2018年3月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 石が浮かんで木の葉が沈む。債権者にすればそんな気分だろう。4年前、巨額のビットコインが盗まれたマウントゴックス社(以下マウント社)の破綻は、仮想通貨の危うさを世に知らしめたものだ。社長のマルク・カルプレス被告も業務上横領罪などで裁判中の身である。ところが意外や、このまま破産処理が進むと、カルプレス被告が「大富豪」になってしまうというのだ。...

記事全文を読む