「河野太郎外相」専用機、財務省からNG 1機80億円に難色

国内 政治

  • ブックマーク

 ギリシャ神話のイカロスから20世紀のライト兄弟に至るまで、人類にとって“空を飛ぶ”ことは長年の夢であり続けた。翻って東京は霞が関。河野太郎外相(55)もまた“飛ぶ”ことへのこだわりを捨てきれないでいる。

 外務省担当記者の話。

「3月、就任200日を迎えた河野さんは訪問した国・地域が35。前任の岸田大臣は5年で50カ国・地域でしたから、河野さんの積極外交は歴代でも稀なのがよく分かります」

 あまりの出張の多さに、

「外遊予算が足りないと省内で話題になっています。副大臣や政務官らと共にビジネスクラスに乗る秘書官をエコノミークラスにしようと検討したほどでした」

 大臣はその“外交機動力”をさらに増すべく、昨年末、自民党の部会で外相専用機の必要性を訴えた。

「通常は民間機で移動しますが、乗継で数時間待たされることもあります。その意味では専用機という発想は合理的なんです」(同)

 15日からの訪米では、米ガルフストリーム社のジェット機をチャーターした。

「かねてから導入を主張している機種。試運転と言われています」(同)

 ところが、

「購入については財務省からNGが出てしまいました」

 と、外務省関係者。

「1機80億円という値段に難色を示しています。実は当の本人も一部新聞で“おねだり”と書かれたことを相当気にしていて、購入には慎重。最近では閣僚専用機と言い方も変えました」

 代替案として、

「現在、検討しているのは、年間契約のリースです。ガルフ社のみならず、見積もりをとって検討しているようです」(同)

 先の記者は指摘する。

「リースでも来年度からの導入はありえず、河野さんの在任中に実現しない可能性が高い。後任大臣が同様に動き回る人ではないかもしれないし、必要なのか、という声は根強いですよ」

 本当の夢は、総理として政府専用機に乗ることだろうが――。

週刊新潮 2018年3月29日号掲載