「河野太郎外相」専用機、財務省からNG 1機80億円に難色

政治週刊新潮 2018年3月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ギリシャ神話のイカロスから20世紀のライト兄弟に至るまで、人類にとって“空を飛ぶ”ことは長年の夢であり続けた。翻って東京は霞が関。河野太郎外相(55)もまた“飛ぶ”ことへのこだわりを捨てきれないでいる。

 外務省担当記者の話。

「3月、就任200日を迎えた河野さんは訪問した国・地域が35。前任の岸田大臣は5年で50カ国・地域でしたから、河野さんの積極外交は歴代でも稀なのがよく分かります」...

記事全文を読む