「高木美帆」が自民党大会にサプライズ登場 出席者は「彼女が気の毒」の声

政治2018年3月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

安倍首相が霞む話題性

 まさに千両役者だ。3月25日に開催された自民党大会では、スピードスケート女子の高木美帆選手(23/日体大助手)がサプライズで登場。森友公文書の改ざん問題で陳謝した安倍晋三首相(63)の影が薄くなるほど話題になった。

 ***

 団体パシュートで金、1500メートルで銀、1000メートルで銅と、3色のメダルを揃えた偉大なアスリートが笑顔を浮かべた。そのインパクトは比類ない。

 マスコミも即座に反応。森友文書改ざん問題で揺れる政権と党には好都合だったろう。新聞各紙の見出しをご紹介する。全て3月25日付け電子版が出典だ。

「高木美帆選手がサプライズ登場=自民党大会」(時事通信)
「高木美帆、首相に冬季向けトレセンを「陳情」 自民大会」(朝日新聞)
「メダリスト高木美帆がサプライズ登場 「冬季スポーツのトレーニングセンターを」と“陳情” 自民党大会」(産経新聞)
「高木美帆が自民党大会で首相に直談判、環境整備必要」(日刊スポーツ)
「自民党の党大会ゲストに高木美帆 野党は『ピンチで人気取り』」(サンケイスポーツ)

 マスコミが注目したのは、いくつかの見出しにある通り「陳情」だ。日刊スポーツの記事で、該当部分は次のように記されている。

《高木は、安倍晋三首相に対し、冬季競技専門のナショナルトレーニングセンターの建設を「直談判」。「これから、日本の冬季スポーツはどんどん強くなる。地元の後輩も力を伸ばしている」として、選手育成のための環境整備向上が必要だと、訴えた》

次ページ:疲れていた高木選手

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]