福井照大臣に #MeToo の嵐 今度は「強制猥褻」「セクハラ」

国内 政治 週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • ブックマーク

 自民党は保守政党を標榜している。「保守」が伝統を重んじるということであれば、同党は看板に偽りなしの紛う方なき保守政党と言える。ある「伝統」がしっかりと息づいているからだ。

 遡ると「指3本」の宇野宗佑(そうすけ)元総理、最近で言えば「パンツ」の高木毅元復興相、そして今回“デビュー”を飾った「愛人好き」の福井照沖縄・北方担当相。自民党内で、脈々と「エロ大臣」のバトンは受け継がれているのである――。

 本誌(「週刊新潮」)は3月15日号で、2月27日に就任したばかりの福井新大臣の女性に関する醜聞を報じた。

 まず、妻子持ちの彼は元赤坂芸者を愛人にして、彼女を辱(はずかし)め、弄(もてあそ)び、金づるとして利用した。

 また、福井氏の地元である高知県では、彼の自宅マンションに元赤坂芸者とは異なる「愛人」(近隣住民)が閉じ籠り、室内で自殺未遂騒ぎを起こしていた。

 さらに、2009年には「週刊現代」が、福井氏と温泉コンパニオンの下品極まりないハレンチ写真を掲載している。

 福井氏の周りにゴロゴロ転がっている「女性スキャンダル」。つまり、福井氏の大臣としての資質に疑問符を付けざるを得ない状況なのだ。

 そして、昨年来、「#MeToo」運動が世界的な広がりを見せ、セクハラに対する視線が厳しさを増しているなか、福井氏に関する新たな女性問題が発覚したのだった。例えば、

「一昨年の8月のことでした」

 と、彼によるセクハラの目撃者である自民党関係者はこう証言する。福井氏は現在、二階派所属だが、

「二階派の研修会が北海道で開かれ、そこに講師として呼ばれた女性に、福井さんは講演後の夜の懇親会の場ですり寄り、ずっと彼女の手を触ったり、握ったりしていた。気持ち悪かったですね」

 ある国会議員が「福井#MeToo」に加勢する。

「福井さんは文科副大臣を経験していますが、文科省の女性職員や、党の女性スタッフとの飲み会の際、彼が彼女たちの手を握ったり、胸をツンツンしている姿を見たことがあります」

 ここまで来ると、「エロ」がスーツを着て歩いている感さえ漂ってくるが、セクハラが許されざる行為であるのはもちろんのこと、福井氏は「それ以上」と断じるしかない暴挙も働いていた。

「彼が当選した翌年の夏前のことです」

 こう振り返るのは、福井氏の暴挙の被害女性を知る人物だ。

「福井さんは彼女の心にトラウマを残す、とんでもないセクハラをしたんです」

 建設官僚だった福井氏が政界に転じたのは2000年のこと。同年6月の総選挙に立候補し、見事、議員バッジを手にした彼は、

「当時、まだ宏池会(現岸田派)に所属していて、宏池会の幹部であり建設族の古賀さん(誠・元運輸相)に可愛がられ、派閥の若手プリンスという位置づけでした。福井さんは、菅さん(義偉・官房長官)らと並び『古賀チルドレン三羽烏』などと持て囃(はや)されていましたね」(宏池会関係者)

 こうして時の権力者の近くで、自身も権力者への階段を上り始めていた福井氏。彼の周囲には党職員、議会スタッフ、官僚、議員秘書、そして陳情人等々が群がり出していた。当然、これらの「永田町住人」の中には少なからぬ女性が含まれ、福井氏にとって「よりどりみどり」の状況が生まれつつあったわけだ。そんな彼の「餌食」になったのは、

「永田町を職場とする、当時、アラサーの女性です。彼女は仕事上、福井さんと接触せざるを得ない環境に置かれていました。福井さんは普段から彼女に『可愛いね〜』『キレイだね〜』などと言い、エロオヤジ丸出しだったそうです」(前出の被害女性を知る人物)

 ある時、被害女性は福井氏と酒席をともにすることになる。

「古賀さんの覚えめでたい議員ということで、彼女は断るわけにはいかなかった。彼の男性スタッフが運転する車で、彼女は新宿のホストクラブに連れていかれます。なんでも、その男性スタッフがかつてバイトをしていた店ということで、福井さんはそこを選んだんだそうです」(同)

 本誌3月15日号で福井氏を告発した元赤坂芸者が振り返る。

「確かに当時、福井はホスト上がりの男を運転手として使っていました」

 被害女性を知る人物が続ける。

「そのホストクラブには『大人のオモチャ』が置いてあって、福井さんは、なんとそれを彼女の前で動かし始めた。彼女はとにかく早く店を出たかったそうですが、立場上、福井さんに物申すこともできない。ようやくホストクラブを出ると再び彼の車に乗せられ、後部座席に座ると……」

次ページ:「手を潜り込ませて…」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]