「森友で残業100時間」上司への怨嗟が綴られた職員の「遺書」

社会週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1年以上に亘ってくすぶってきた「森友問題」が、ここにきて爆発した格好である。自殺した50代の近畿財務局職員は遺書を残していた。そこに書かれていた中身、あるいは名前を巡って、財務省の当事者たちは戦々恐々だという。なぜ彼は、自らの命を絶つまでに追い込まれたのか。怒りの矛先はどこへ向かっていたのか。親族がその心中を代弁した。...

記事全文を読む