難治「すい臓がん」治療の最前線 三次元放射線ビーム、早期発見“尾道方式”

ライフ週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

10年生存率5%「すい臓がん」を生き抜く術(下)

 早期の状態では症状がなかったり、特有の症状が乏しいすい臓がんは発見された時点で手のほどこしようがないケースが多い。「がんの王様」と呼ばれるゆえんだ。10生存率でみると胃がんと大腸がんが7割近いのに対し、すい臓がんはわずか5・1%である。

 ***...

記事全文を読む