臓器が“カリカリ”になっても自覚症状なし… 「がんの王様」の恐ろしさ

ライフ週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 早期発見と医療技術の進歩で、がんの死亡率は少しずつ減っている。ところが、時代に逆行するように死亡率が高くなっているのが増加の一途を辿る「すい臓がん」だ。今や3大がんの一角に食い込み、「がんの王様」と呼ばれる難治がんの最前線をレポートする。

 ***...

記事全文を読む