大谷翔平、課題はメジャーの滑るボール 対戦相手から“棒球”指摘も…

野球週刊新潮 2018年3月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 満を持して、のマウンドだった。メジャーリーグのオープン戦で「二刀流」デビューを果たした大谷翔平(23)。エンゼルスでも日本と同様、「優等生」を貫く大谷に、どのメディアもあたたかな論調が目立つものの、その内実は、決して笑えない「課題」も見えてきたという。

 ***

 日本球界に5年間在籍していた大谷だが、その間、選手の間で秘かにつけられたあだ名が「野球サイボーグ」。投打の完成度の高さに加え、野球以外のことには目もくれない「完全無欠さ」を“評価”されたがゆえだ。

 日本ハムの関係者が言う。

「クリスマスイブの夜にも室内練習場に籠り、バッティング練習をしていましたし、紅白歌合戦にゲストで出演した時も“近くで大晦日でも練習できるジムを確保してくれ”と球団に頼んでいたほど。ただ、投手同士、打者同士の飲み会などにはきちんと参加するなど、いわゆる付き合いが悪い奴ではない。だから、周囲にほとんど敵を作らなかったんです」

 そんな「すべらない男」大谷がメジャーのキャンプに加わって1カ月。新天地での評判はどうなのか。ご本人は英語がほとんど出来ないため、コミュニケーションに難があるような気もするけれど、

「こちらでも、早々にチームに溶け込んでいます」

 と述べるのは、在米のメジャー担当記者である。

「クラブハウスで見ていると、エンゼルスの主力選手がどんどん彼に話しかけているのがよくわかるんです。それに大谷もブロークンな英語で応じている。日本人メジャーリーガーを取材した経験から言えば、藪(恵壹)や、岩村(明憲)などは、内に籠ってしまい、クラブハウス内でもほとんど話をせず孤立していた。それに比べると、まったくの好対照です」

 別の在米メジャー担当記者も頷いて言うのだ。

「キャンプインする前から、チームメイトとゴルフに行ったり、バスケットボールをしたりしているそうです。一緒にステーキを食べに行ったり、アイスホッケーの試合を見に行ったりもしているとか。日本にいた時は、オフの納会など球団のイベントごとでしかゴルフには行かなかったのですが……。やっぱり早くチームに馴染もうという意識が強いのでしょう」

次ページ:メジャーでもブレない庶民派

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]