遺構発見の「浅草十二階」 漱石と啄木の“足跡”

社会週刊新潮 2018年3月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 夏目漱石『坊っちゃん』の一節にも〈野だのようなのは、馬車に乗ろうが、船に乗ろうが、凌雲閣へのろうが、到底寄り付けたものじゃない〉と、登場する浅草・凌雲閣。1890年に竣工した日本初の12階建て、エレベータ付の塔は、一躍東京のシンボルとなったものの、1923年の関東大震災で倒壊、歴史を閉じた。...

記事全文を読む