“三菱自動車”株まで手放す「三菱重工」は“火の車”

企業・業界週刊新潮 2018年2月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 三菱は国家なり──。開祖の岩崎弥太郎以降、“三菱”は政府とともに歩み、日本経済を牽引してきた歴史を持つ。目下、グループの旗振り役は御三家と呼ばれる3社。いずれも、経営基盤は盤石と思われてきたが、御三家の1つである三菱重工業が“火の車”になりつつあるという。...

記事全文を読む