理事選敗北で民事訴訟 貴乃花がこだわる裁判記録の“3文字”

スポーツ週刊新潮 2018年2月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 都心で降り続いた白い雪の如く、自らの“潔白”を主張し、陽のあたる土俵に挑んだ貴乃花親方(45)。理事選には敗北したが、日陰に積もった雪はなかなか融けずに残るもの。肩書きを失った今だからこそ、虎視眈々と次なる大一番に備えて、四股を踏んでいるのだ。...

記事全文を読む