相撲協会“春日野理事長”誕生の可能性 隠されていた傷害事件、被害者父の怒り

スポーツ週刊新潮 2018年2月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 白鵬、稀勢の里の両横綱が休場し、平幕の栃ノ心の優勝に終わった初場所。師匠の春日野親方は快挙の瞬間、号泣し、スポーツ紙には「鬼の目にも涙」などと書かれた。春日野親方については以前、栃ノ心ら弟子3人の腹や背中をゴルフのアイアンで殴ったと報じられ、厳重注意処分を受けたことがあるから、まさしく「鬼」には違いない。

 ***

...

記事全文を読む