豪栄道を破壊した白鵬のエルボースマッシュ 貴乃花が明かした“卑怯な特注サポーター”

スポーツ週刊新潮 2018年2月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

豪栄道を「破壊」

 その反則技がいかに危険なシロモノかは、取組の映像を見れば一目瞭然である。

 例えば、2016年の夏場所。白鵬のエルボースマッシュの餌食になったのは関脇の勢(いきおい)だった。立ち合い、白鵬はまず左の張り手を出し、次の瞬間、勢の左頬あたりに自らの右ひじを力任せにぶつけた。両の手を虚空に泳がせながら、腰から崩れ落ちた勢は、軽い脳震盪を起こしたのか、しばらく立ちあがることすらできなかったのである。

 さらに、同じ場所で白鵬は大関豪栄道を「破壊」してもいる。右ひじをもろにくらわせ、左眼窩内壁骨折を負わせたのだ。

 豪栄道の母校、埼玉栄高校相撲部の山田道紀監督が嘆息する。

「豪栄道がやられた時は“あー”と思った。横綱の相撲としては見苦しい。昔の横綱は相手を壊すような相撲はとらなかった」

(下)へつづく

特集「『卑怯な横綱』と『貴乃花』は激昂した! 『白鵬』最凶の所以は右ひじ『特注サポーター』の異常硬度」より

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]