元顧客も怒る「はれのひ」の裏切り 社員の引き抜き、近所に競合店…

社会週刊新潮 2018年1月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

探しものは振袖だった「はれのひ」社長の井上陽水(上)

 人生の門出の成人式を、「はれのひ」(本社・横浜市)は台無しにした。現在、篠崎洋一郎社長(55)は20代の美人妻と0歳娘とともに逃避行中だが、カラオケの十八番が井上陽水だという。そのヒット曲「夢の中へ」の歌詞のように、新成人女性に振袖を探し求めさせたのだ。

 ***

...

記事全文を読む