古民家、あぜ道、蕎麦畑…飛騨古川の「当たり前の日常」が外国人に人気なワケ──外国人が熱狂するクールな田舎の作り方(3)  

社会2018年1月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 インバウンド・ツーリズムによって地域の課題解決を図り、実際に多くの外国人旅行者の来訪と、事業の担い手となる移住者の増加につなげたSATOYAMA EXPERIENCE。そのサイクルは徐々に回るようになってきたにせよ、地方の衰退という現実は否応なく進んでいるのも事実だ。雪国飛騨の秋には、伝統的な古民家の解体現場にしばしば遭遇する。人口がゼロになっていく集落もある。

...

記事全文を読む