慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭

社会2018年1月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

凶器は果物ナイフ

 現役の慶大生が、慶大OBである自分の父親を刺殺する——。やはり衝撃的という表現が最も適切だろう。判明していない事実も少なくないが、「父親の子供や妻に対する暴力」が動機の可能性として指摘されている。

 ***

 警視庁田園調布警察署は、1月19日、東京都大田区南雪谷の慶応大学2年、鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 容疑は、18日午後10時ごろ、自宅マンションのリビングで父親の多可三(たかみ)さん(58)の腹部を果物ナイフ(刃渡り13センチ)で刺し、殺害しようとした疑い。搬送先の病院で多可三さんが死亡し、田園調布署は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めている。

 田園調布署などによると、智成容疑者は多可三さんと母親(50)、高校生の弟(17)の4人暮らし。酒に酔って帰宅した多可三さんが弟に説教を始めたところ、智成容疑者は多可三さんに「やめないなら刺すぞ」などと発言。果物ナイフで腹部を1回刺したという。

 先に見たとおり、殺された多可三さんは、自分の妻や2人の息子に暴力を振るっていたとの報道もある。積もりに積もった智成容疑者の鬱憤が、些細なきっかけから爆発した可能性も考えられるが、被害者の多可三さんとはどのような人物だったのだろうか。

 まず職業だが、不動産管理業の会社を経営していたことが分かっている。社のサイトには「企業理念」の項目があり、代表取締役である多可三さんの経歴を以下のように説明している。

次ページ:コロムビア・ライトの息子

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]