式守伊之助の10代行司セクハラ問題 相撲ムラからタブーが露見したワケ

スポーツ週刊新潮 2018年1月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 貴乃花親方(45)の理事解任が正式に決定した翌日というタイミングで飛び出したのは、耳を疑うような醜聞だった。その主役は大相撲の行司の最高位である立行司の式守伊之助(58)。昨年12月に行われた冬巡業の初日、泥酔した伊之助が10代の若手行司に対して、複数回キスしたり、胸に触れるといった「セクハラ行為」を働いた、と相撲協会が発表したのである。...

記事全文を読む