俳優・神木隆之介の「呪われた2017年問題」――僭越ながら“お祓い”をお勧め

芸能2018年1月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ヒット確実作が、まさかの“大爆死”

 俳優の神木隆之介(24)が呪われている。同情する声も少なくないようだ。事の始まりは昨年(2017)、主演作の映画「3月のライオン(前後編)」(大友啓史監督/東宝=アスミック・エース)が公開されたことに遡る。

 ***

 原作は羽海野チカ(37)の人気コミック。神木の主演が発表されると、特にネット上では好意的な声が相次いだ。ヒロインに有村架純(24)を配し、脇を佐々木蔵之介(49)、加瀬亮(43)、伊藤英明(42)、豊川悦司(55)が固める布陣。3月に前編、4月に後編という公開スケジュールに期待が集まった。

 しかし、これがまさかの不入りに終わる。評判が悪かった映画の興行収入は曖昧にされるのが常。この作品も例外ではないが、前編が公開週ランキングで7位と予想外の低位でスタートし、次週で圏外となったことは判明している。素人でも相当に厳しい数字だったことは想像がつく。

 これで後編がヒットするはずもなく、更に低調な興行収入だったとも言われている。神木隆之介にとっては最悪の“仕事始め”となったわけだが、試練は続く。

 夏休み中の8月4日、映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(三池崇史監督/東宝=ワーナー・ブラザースジャパン)が公開された。こちらも荒木飛呂彦(57)の人気コミックが原作。監督はファンの多い三池崇史(57)。主演は山崎賢人(23)という顔ぶれだった。

 公式サイトなどで神木は伊勢谷友介(41)に次ぐ3番手というポジション。これも話題作だったにもかかわらず、やはり惨敗。一部報道は「興収10億前後」と伝えた。

次ページ:表面化しなかった悪運も1件……

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]