北朝鮮が制裁下でもミサイルを作り続けられるワケ 元国連の専門家が語る

国際2018年1月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 洋上での石油密輸、“スリーパー”を使った武器の売り込み……制裁の網をすり抜けようとする北朝鮮のあがきが、世界各地で立て続けに報じられている。だが、それらは氷山の一角にすぎない。北朝鮮が強力な核兵器を開発し、ミサイルの開発技術を急速に向上させられているのは、国際的な包囲網に無数の穴をうがち、あるいは見出しているからだ。国連事務総長から任命され、北朝鮮への制裁違反事件の捜査にあたってきた古川勝久氏が、2017年12月21日に放送されたNHK「ニュースウォッチ9」で詳しく語った。...

記事全文を読む