監視と縛りの日常生活“ブラック集落”を避けるには 移住民が落ちた「村八分」地獄

食・暮らし週刊新潮 2017年11月23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

移住天国の夢想家が落ちる「村八分」地獄――清泉亮(下)

 ノンフィクション・ライターの清泉亮氏が山梨県北杜市に移住したのは2014年のこと。現在は管理会社が管理する別荘地で暮らす清泉氏だが、以前に暮らした長野県佐久地方の過疎集落では、早朝からの雪かきなどのローカル・ルールに嫌気が差し、逃げ出した経緯がある。

 移住者のゴミ出し禁止など、自治体も手を出せない「村八分」について、その実態を紹介する。

 ***...

記事全文を読む