「小川直也Jr.」東京五輪への道 100キロ超級でグランドスラム初優勝

スポーツ週刊新潮 2017年12月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 男子100キロ超級は日本柔道の看板階級である。

 柔道が五輪種目に正式採用されたのはご存知1964年の東京五輪。当時の最強階級は無差別級で、これをオランダのヘーシンクに制せられ、日本柔道は惨敗したというイメージがある。が、実はそれ以外の3階級全てで日本は金を得ていた。かように、最重量級は“重い”ということだ。...

記事全文を読む