“金星ばら撒き”でも手放せない相撲協会 「稀勢の里」再生法は

スポーツ週刊新潮 2017年11月30日掲載

 19年ぶりの日本出身横綱、大ピンチ――。

 稀勢の里関(31)である。横綱になった三月場所で優勝したものの左肩を負傷し、五月、七月を途中休場。九月場所ではついに全休。

 そして迎えた十一月場所、中日を過ぎて4勝5敗で迎えた10日目で休場。

...

記事全文を読む