菅官房長官が“退位問題”で宮内庁に投げた牽制球

政治 週刊新潮 2017年12月7日掲載

  • ブックマーク

 静かな環境での議論が望まれていながら、暗闘が繰り広げられている。天皇陛下の生前退位を巡って、菅義偉官房長官(69)が宮内庁を牽制しているのだ。

...

記事全文を読む