香川真司の代表落選で浮上 大スポンサー「アディダス」のスパイク問題

スポーツ

  • ブックマーク

 来年のことを言えば鬼が笑うが、こちら日本サッカーの大スポンサーは大激怒。2018年のサッカーW杯に備え、11月10日のブラジル戦から始まった欧州遠征で香川真司(28)が日本代表から落選したのだ。バヒド・ハリルホジッチ監督のこの決断で露呈したのは、香川個人と日本サッカー協会(JFA)双方のスポンサーを務めるアディダスの「スパイク問題」だった。

 ***

「正直、このタイミングかっていうのは感じる。外れるとしたら、もっと早く僕を外せるタイミングはあったのかなと」

 11月1日、監督の唐突な“戦力外通告”を受けて、普段は温厚な人柄で知られる香川が、記者を前に珍しく怒っていた。続けて、

「監督は恐らくベストメンバーを選んだので。それでどこまで出来るか、凄く楽しみですけど」

 など、外した監督に対し“お手並み拝見”ともとれる恨み節を披露。最後には監督と直接話し合いたいと異例の要望まで口にして、納得がいかない様子だった。

「現段階で、香川はハリル監督にとって構想外の選手になってしまっています」

 と言うのは、スポーツ紙のサッカー担当記者だ。

「代表チームは、来年3月の親善試合で最終メンバーが決まります。なので、彼は在籍しているドイツのブンデスリーガでよほどの活躍をしないと、戦力外の可能性もあり得ます」

 ここに至るまでの伏線で、“ある事件”が起こっていたとJFA関係者が明かす。

「今年10月、ニュージーランドとの親善試合が行われましたが、宿泊先の愛知県内のホテルでハリル監督と香川が戦術について話し合った際、途中からドアの外まで漏れるほどの怒鳴り合いになったそうです」

 香川が目指すパスサッカーと、監督の提唱するカウンターサッカーの戦術を巡っての応酬が続いたというが、これが尾を引いているとしたら、キツイお灸を据えられたことになる。

次ページ:8年契約で250億円

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]