朴槿恵被告が山岡荘八『徳川家康』を熟読し、弁護団が全員辞任のワケ

韓国・北朝鮮2017年10月27日掲載

「惨めで、全ての名誉と人生を失った」

 韓国で、収賄などの罪に問われている朴槿恵・前大統領だが、弁護団の7人が全員辞職する意向を示し、特にネット上では批判が巻き起こっている。そして朴前大統領は拘置所の中で、何と山岡荘八著『徳川家康』(山岡荘八歴史文庫・講談社)を熟読する日々という。

 ***

...

記事全文を読む