改憲私案で共産党に糾弾されていた立憲民主・枝野代表の「恥ずかしい過去」

国内 政治 2017年10月13日掲載

  • ブックマーク

改憲論者だった枝野幸男氏!?

 ツイッターでは「#枝野勝て」のハッシュタグが話題の立憲民主党・枝野幸男代表だが、少なくとも同情票部門では独走中だ。とはいえ、実際の投票に結び付くかは疑問だろう。おまけに共産党、社民党、そして立憲民主党という組み合わせは、希望=旧民進党以上に、「野合」という批判も出ていることをご存じだろうか。

 ***

 共産、社民、立憲民主の3党は憲法9条や自衛隊に対するスタンスが全く一致していない。それを示す1つに枝野代表の“論文”がある。

 枝野改憲私案などといって、どれぐらいの方がご記憶だろうか。しかしながら、旧民主党のホームページに掲載されたような身内向けのものではなく、月刊誌「文藝春秋」に堂々と掲載された論文だ。13年の10月号に「憲法九条 私ならこう変える 改憲私案発表」とのタイトルで発表された。

 当時の枝野私案を「安倍政権が狙う集団的自衛権の解釈見直し、明文改憲に対する対立軸を示し、解釈改憲に歯止めをかける」と好意的に受け止める世論もあったが、これに共産党が猛反発。

「しんぶん赤旗」の13年9月10日の記事では「民主・枝野氏が『改憲私案』/集団的自衛権行使・多国籍軍参加容認」の見出し。記事では「枝野私案は憲法9条の1、2項に、9条2、9条3の2条文を追加。軍事力の保有や、国連軍への参加、海外での武力行使を公然と容認」と批判した。

 更に同じ日の紙面に「枝野9条改定私案―歯止めどころか集団的自衛権の行使に道を開くもの/市田氏が批判」の記事(13年9月10日付)も掲載する。

次ページ:かつて共産党が枝野氏を批判した「事実」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]