会見場だけではない「豊田真由子」の豹変… 暴言→猫撫で声→また暴言

政治週刊新潮 2017年10月5日号掲載

 蓼(たで)食う虫も好き好き。世の中には、クサヤの臭いが堪(たま)らなく好きな人もいれば、サソリの唐揚げに目がない人もいる。暴言暴行報道から3カ月、公の場に姿を現した豊田真由子氏(42)の主張に共感を覚える方がいても不思議ではない。例えば……。

...

記事全文を読む