パンダは「香香」ヒトは「渾」 当世“命名事情”

社会週刊新潮 2017年10月5日号掲載

 上野で産湯を使ったパンダの命名は悠悠(ユウユウ)以来、29年ぶりとあって、応募総数は32万2581通!と大盛り上がり。その発表に臨んだのは、ここぞとばかりの笑顔を作った小池百合子都知事(写真)だ。

 結局、パンダの名は香香(シャンシャン)で、応募数は5161通だった。

...

記事全文を読む