ジャニーズの「時代錯誤」に宣戦布告! 稲垣・草なぎ・香取がネット解禁

芸能2017年9月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

会見の撮影ではネットメディアを排除

 ジャニーズ事務所に所属するタレントが、ある雑誌の表紙を飾ったとする。購入のためファンがネット書店にアクセスすると、異様な状態に気づくだろう。表紙の紹介画像でタレントが映っているはずの部分が、汚いグレーに塗りつぶされているのだ。

 ***

 ご存じの方も多いだろうが、とにかくジャニーズ事務所はネットが嫌いなのだ。新聞社やテレビ局という大メディアでも、撮影した写真や動画はネットでは使わないよう“自主規制”を求める。返す刀で自社のタレントがSNSなどを使うことも禁じてきた。ある雑誌記者が振り返る。

「数年前、テレビドラマの制作発表を取材した時のことです。写真撮影が始まったのに、主役を務めるジャニーズ事務所のタレントがいないんです。それでもカメラマンは主演女優を中心に撮ってくれていたんですが、しばらくすると司会進行の担当者が『ネットメディアの方は撮影を遠慮して下さい』と呼びかけて、そのタレントが登壇しました。とにかくジャニーズのタレントの写真はネットでは使わせないぞ、という姿勢が伝わってきましたね」

 もし“紳士協定”を破ると、その代償は大きい。関係者からは「ジャニーズの方針に従わないメディアは、受付レベルで排除される」との証言が多く聞かれる。とにかくネットを嫌忌し、メディアには強面で対応しているのだ。

次ページ:ネット解禁に踏み切った元SMAPの3人

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]