バドミントン「奥原希望」日本人初の金メダル 支えた3人の男たち

スポーツ2017年9月13日掲載

父、恩師、委員長が明かす「強さの秘密」

 日本人初の世界一、その名は永遠に残る。8月27日、イギリス・グラスゴーで開催されたバドミントン・世界選手権女子シングルス決勝で、奥原希望(22)はシンドゥ・プサルラ(インド)に2-1で勝利。1977年の第1回大会から数えて、ダブルスを含めても40年ぶり、シングルスでは日本人初となる金メダルに輝いた。

 ***

...

記事全文を読む