バド世界一「奥原希望」 関係者が語る“千代の富士級”の太もも

スポーツ週刊新潮 2017年9月7日号掲載

 かつて「コンピューター付きブルドーザー」と呼ばれた角さんではないが、バドミントンで日本人初、世界一の快挙を成し遂げた奥原希望(のぞみ)(22)も負けてはいない。幼い頃、周囲から研究職に就くことも期待されたリケジョは、かの大横綱に匹敵するとも言われる太腿の持ち主なのである。

 ***

...

記事全文を読む