天皇陛下、沈黙20秒… 憂慮される異変の舞台裏

社会週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

「生前退位」が決まり、初となる戦没者追悼式。天皇陛下が退席の際、20秒間に亘って標柱を見つめられる一幕があった。式典へ出席されるのは、残すところ来年のみ。例年とは異なる思いが胸に押し寄せていたのかもしれないが、果たしてそれだけなのか。実は、周囲が口をつぐむ異変の数々が過去にも起きていた――。

 ***

...

記事全文を読む