躍進サニブラウン、稼ぎでも目指す「ボルト超え」

スポーツ週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

 誰が日本人として初の9秒台ランナーとなるのか。なかなかゴールシーンに至らないその“レース”が、いよいよ佳境を迎えている。桐生祥秀(21)、山縣亮太(25)、多田修平(21)、ケンブリッジ飛鳥(24)……。“馬群”を形成する多士済々の顔ぶれから、頭一つ抜け出たのが、ガーナ人と日本人のハーフ、サニブラウン・ハキーム(18)だ。“ゴール”の先には、ライバル達が嫉妬で歯噛みするような未来が待っている。

 ***

...

記事全文を読む