何をしている?「相談役」「顧問」 “役割開示”義務化で揺らぐ椅子

ビジネス週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 老人たちが、大企業の社内を徘徊している。肩書は、相談役や顧問。気の向いた時に社用車で通勤し、広い個室を持ち、美人の秘書をはべらせているが、一体、何をしているのやら。そんな彼らに、安倍政権が“引退勧告”を突き付けているのだという。...

記事全文を読む