「高血圧」に効くお手軽健康法 血管マッサージ&ゾンビ体操で“血管ほぐし”

食・暮らし週刊新潮 2017年8月10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

長寿のカギ「血管」を蝕むサイレントキラー 「高血圧」の最新常識(3)

 飲食に続いては、腹ごなしの健康法を。大阪市立大学医学部の井上正康名誉教授が言う。

「動脈を柔らかくすれば、高血圧予防に繋がる。そのためには『血管マッサージ』を提唱します。手や指で皮膚を骨に押し付け、ゴシゴシとしごけば血管壁でNO(一酸化窒素)が生じて動脈も開きます」

 マッサージのコツは“痛気持ちいい”程度にこすることだという。

「特に就寝前と起床時に15分ほど行えば有効です。深い部位や脳の動脈も刺激され、美容にも効果抜群です。テレビ番組の実験で、高血圧の老若男女がこのマッサージを2週間続けたところ、血圧が平均で20下がるという結果が出ました」(同)

 第一薬科大学の松山賢治教授いわく、

「少し汗ばむ程度の徒歩や水泳で血流が盛んになると、血液が血管壁とこすれてシアーストレスが発生します。その刺激でNOが産出され、血圧は10mmHgほど下がるのです」

 とのことで、同じく岡田正彦・新潟大学名誉教授も、こう言うのだ。

「1日30分ほどの運動を週5日こなすことで、降圧剤でも証明できなかった死亡率の低下が明らかにみられます。具体的には速足や階段登りなど、運動中の脈拍が『165マイナス年齢』の数値に近づくような強さが理想です」

次ページ:血管が開く「ゾンビ体操」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]