真木よう子、激ヤセで「セシルのもくろみ」の目論見外れ 視聴率が危険水域

芸能週刊新潮 2017年8月3日号掲載

 ここまで目論見が外れるとは、よもや思いもしなかったに違いない。真木よう子(34)主演のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が、今夏のドラマのなかで、もっとも低い視聴率を更新中。その一番の原因は、彼女の“激ヤセ”にあるというのだ。

 ***

 ドラマは、様々な“女のもくろみ”が渦巻くファッション誌業界で、女性たちがそれぞれの幸せを追い求めるという群像劇。真木は、埼玉県の片隅で暮らし、ひょんなことから読者モデルにスカウトされ、生活が一変する主婦役を演じている。

...

記事全文を読む