地震予知、GPSデータの解析で 京大教授の挑戦

社会週刊新潮 2017年7月20日文月増大号掲載

 大地震の予知――国が巨額の研究費を投じるも成果が出ず、もはや“永遠の壁”とさえ言われてきたその予知に、ある京大教授が挑もうとしている。

 科学部担当記者の話。

「この6月から、京都大学と民間企業がタッグを組んで、大規模地震の発生を事前に予測する技術の共同実験が始まりました。すでに運用されている『緊急地震速報』は、揺れの数十秒前が限度。しかし、この研究が進めば、1時間前には巨大地震発生の予兆が掴めるということですから、減災に大きく役立ちます」

...

記事全文を読む