「衝撃的なお漏らし」から誕生した、「報道ステーション」で話題の排泄予知デバイス

IT・科学 2017年7月19日掲載

 7月13日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」で、東京都内の老人ホームで試験的に運用されている排泄予知デバイス「D Free(ディーフリー)」が特集された。「D Free」は、歩行困難な入居者の下腹部に小型センサーを取り付け、膀胱に溜まる尿の量をモニターし、トイレに誘導すべき時間を予測するもの。この老人ホームでは、介護福祉士がトイレへ誘導するのは1日に12回と決まっていたが、ある入居者の場合、「D Free」の予測によって7回と回数が激減。富川悠太キャスターによると、介護のスケジュールに余裕ができたことで、レクリエーションの時間が充実し、入居者もゆっくり入浴できるようになったという。

...

記事全文を読む