デイリー新潮

政治

民進党は「安倍政権下の憲法改正に絶対反対」路線を突っ走っていいのか

 政治家が著書を出版するということには、デメリットとメリットがある。

 自身の政策を書物に残せば言行不一致や変節を指摘される可能性は高くなる。場合によっては、国会の質疑でも「前に書いたことと違うじゃないか」と追及されかねない。これはデメリットだろう。

 一方で本が売れれば印税が入るし、知名度も上がる。

...

記事全文を読む

  • 2017年6月2日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事