眞子さま、「新婚費用」1億4000万円でも共働きに

社会週刊新潮 2017年6月1日号掲載

 今年1月、陛下は元侍従らとの会食の場でこう仰った。〈今年は、眞子にいいことがありますよ〉。拝聴したOBはみな、直ちにその意図を察知したというのだが、では肝心の新婚生活は、いかがなるのであろうか。

 ***

 ご結婚に際し、眞子さまには宮内庁から一時金が支給される。

「2005年に結婚した黒田清子さんは1億5250万円、3年前の千家典子さんは1億675万円でした」

 とは、皇室ジャーナリストの山下晋司氏である。

「金額は天皇からの距離(親等)などで異なり、眞子内親王殿下の場合は、1億3725万円になるとみられます」

...

記事全文を読む