FBI長官解任で早くも“トランプ弾劾”シナリオ

国際週刊新潮 2017年5月25日号掲載

 今、米政界で非常に話題となっている新刊がある。

『弾劾の事例(ザケースフォーインピーチメント)』――。

「著者はアラン・リクトマンという名門アメリカン大学の政治史教授です。トランプ当選を含め、これまで8回連続で米大統領選の結果を独自の手法で的中させた人物。そして今度は、“トランプ大統領は弾劾される”と予想しています」

 と話すのは、在米のあるジャーナリスト。

「ウォーターゲート事件のニクソン大統領などの例を交えて、トランプ氏の財産問題など数々のポイントを俎上に載せているのです」

...

記事全文を読む