村田諒太の世界初挑戦 “商品価値ゼロ化”の賭け

スポーツ週刊新潮 2017年5月25日号掲載

 ロンドン五輪金メダリスト・村田諒太(31)が遂に初の世界戦、WBA世界ミドル級王座決定戦に挑む。

 相手は同級1位のアッサン・エンダム(33)。アテネ、リオと2度の五輪出場経験があるが、メダル獲得には至っていない。プロでの戦績は35勝(21KO)2敗だ。

「正直言って、それほど強い相手ではありません」

 と某スポーツライター氏。

「2敗はいずれも判定負けですが、ひとつは4つのダウン、もうひとつは6つのダウンを喫した。それでも立ち上がったので、まるでゾンビのようですが、ダウンの多さが北米市場における彼の価値を大きく損ねることになった」

...

記事全文を読む